能登半島地震から今日で半年が経ちました。

地元住民や地元行政は一生懸命頑張っていますが、復興の進捗が予想以上に遅れていることに驚きました。能登半島の状況は、現在の日本の政治スタンスの縮図のようにも感じます。地理的に不便な場所だからこそ、誰一人取り残さず救っていかなければなりません。中央に依存しない地方自治体の設立、逆転的地方創生計画の必要性を強く感じました。

コメントを残す